2017年10月号 資産形成のためのイベント情報のお知らせ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  資産形成のためのイベント情報をお届け! 『ディアド めーるナビ』

 ~ 資産形成の勉強に行こう!~  D+advisers mail navi 2017/09/20号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 このメールは、当社主催のイベントに参加された方、または、
 当社にお問合せいただいた方へ「イベント情報」をお届けしております。
        (ディー・アドバイザーズ株式会社)

===================================
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  初級編『資産形成としての不動産投資セミナー』           
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★★投資をはじめる前にこのセミナーに参加しておきたかったの声が早くも続出。★★

『資産形成のための不動産投資』セミナー

 このセミナーに参加すると、

1.投資循環サイクルを学ぶことで投資タイミングが掴めます。

2.購入する物件エリアが見えてきます。

3.自分に合った物件探しができるよになります。

▼第3回資産形成としての不動産投資セミナー  2017年9月30日(土)開催 

 開場12:30~ 開演13:00~15:00 

 参加申し込みは、こちらから↓

    http://bit.ly/2eZg32u 

▼第4回資産形成としての不動産投資セミナー  2017年10月4日(水)開催
 ノー残業DAY を活かして、会社帰りに参加できるセミナーを準備しました。

 開場18:30~ 開演19:00~21:00 

 参加申し込みは、こちらから↓
  
    http://bit.ly/2xfK6JZ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
福岡市キャッシュフローゲーム会
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ロバート・キヨサキの金持ち父さんシリーズで紹介されている
「キャッシュフローゲーム会」を福岡市で開催しています。

会を追うごとに人気を注目を集めている『福岡市キャッシュフローゲーム会』、
第4回以降の開催場所が、雑居ビルから福岡市の文化遺産
『赤煉瓦文化会館』に変わります。

このボードゲーム会は「金持ち父さん貧乏父さん」(筑摩書房刊)の著書、
ロバート・キヨサキが考案したお金の基礎知識を身につけ、「会社や税金
のために働く毎日から抜け出すにはどうすればいいか」を楽しく学ぶため
のものです。

▼第4回キャッシュフローゲーム会  2017年10月8日(日)開催 

 参加申し込みは、こちらから↓
  
  http://bit.ly/2f6Umdu

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【10月】 気学の方位運勢
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

何人も最も悪い方位は、東南、南、北 です。
 
    この方位への旅行や、この方位から商談ごとには注意が必要です。

<注意事項>
 
天変地異、大雨、凶悪、凶暴、殺人事件、交通事故、株価波乱、医療問題

公務員の不祥事、スポーツのトラブル、水害、洪水、船舶事故

株は昔から10月買いの5月売りと言います。

株式の値動きにも注目されるのもいい月だと思います。

水害事故には十分過ぎるほどお気をつけください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【相場環境】 「金融政策」が重要な相場材料になっています。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

バランスシート縮小(債券再投資の縮小)は早ければ10月にも開始されそうです。

FRBはバランスシート縮小をいったん開始すれば、ほぼ自動的に継続する腹積もり

であり、積極的な金融政策手段とはしない意向です。したがって、市場の反応は

限定的となりそうです。

今後の利上げペースについては、慎重になるべき理由が増えています。

まず、ハリケーン「ハービー」や「イルマ」の影響があります。これから発表にな

る経済指標はそれらによって歪む可能性があり、景気判断が難しくなりそうです。

また、年初の携帯通話料金や処方薬価の大幅引き下げの影響で、物価指標はまだし

ばらく下振れする可能性があります。そして、後述するように税制改革(減税)の

行方が不透明です。また、バランスシート縮小を開始すると仮定して、その影響を

見極める必要があります。

一方で、労働市場のひっ迫は続いており、利上げをすべき根拠となりえます。しかし、

賃金上昇率の加速を伴っていないため、「慎重になるべき理由」を押し切ってまで利

上げを急がせることはなさそうです。

14日時点のFFレート(政策金利)先物に基づけば、当日発表の8月CPIがやや上振れし

たことで、市場が織り込む「年内利上げ」の確率は51.6%です。利上げが五分五分と

の予想にさほど違和感はありません。ただ、同じくFFレート先物に基づけば、18年末

までに「据え置き」の確率が16.5%、「利上げ1回」の確率が35.4%となっており、

「利上げ2回以上」との見方はわずかな差ながら少数派です。しかし、「慎重になるべ

き理由」の多くは一時的なものであるため、それらが消えて、かつ賃金上昇率やイン

フレ率の加速がみられるようになれば、金融政策見通しは大きく変化する可能性があり、

その場合は米ドルや長期金利の押し上げ要因になるとみられます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
おわり
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2017年10月も皆様にとって良い月となりますように。